海外市場が変動しやすい時期

h878hiu取引相場は一年を通して同じではなく、季節や時期による変動要因があります。これは海外市場においても言えることで、それを把握していると世界の相場の動向を捉えやすくなります。まず、日本と海外の季節要因の違いには2つのポイントがあります。

一つ目は、決算時期の違いです。日本では、4月に新年度が始まり、翌年の3月末が年度末です。一方欧米では、1年は1月から12月までで、12月末が決算です。また、日本は6ヶ月ごとの半期決算をするのに対し、欧米では3ヶ月ごとの四半期決算をする企業がほとんどです。これは、企業が決算時期に為替取引をする動きが、日本では年に2回であるが、欧米では年4回あるという事を意味しています。

決算時期が近づくと、機関投資家はポジションを見直して減らす傾向にあり、それにより決算前後で相場の動きが反転する事があります。四半期ごとで言うと、3月・6月・9月・12月の上旬から中旬にかけての時期に起こります。中でも12月は年度の決算時期でもあり重要です。

また、1月・4月・7月・10月は新しいポジションが多く作られる時期で、中でも1月は年度の始まりにあたるため、特に動きが活発です。この時期、日本では正月休みでのんびりしていますが、海外では相場変動が激しくなるのです。

一般企業の動きを見てみると、米国では海外進出する企業が急増しており、獲得した利益を年度末に現地から本国へ送金する動きが活発になります。この事が影響し、12月は世界中の米国企業が一気に現地通貨をドルに変換するため、ドル買いが急増してドル高の要因となるのです。バイナリーオプション海外でも同じようなトレンドになります。

・市場に影響を与える米国の休暇

米国で最も重要な休祝日の時期は、感謝祭のある11月後半とクリスマスのある12月後半です。日本では正月休みが重要ですが、米国でニューイヤーのお祝いをするのは1月1日だけで、2日からは通常営業となります。

感謝祭やクリスマスの直前はポジションを縮小する傾向になります。そして、外資系のディーラー達は、長期休暇に入る前に一斉にポジションを見直そうとするため、特に12月上旬の動向には注意が必要です。大きな休暇の前、つまり11月中旬と12月上旬はポジション調整時期と認識しておきましょう。

また、12月から2月にかけてが一年で最も相場が大きく動く時期です。なぜならば、ポジション調整で12月初旬から市場の動きが鈍化する頃に、トレンドが徐々に見え始め、1月に市場が開くと一斉にブレイクします。このブレイクは2月頃まで継続します。外国為替取引のWEBサイトでもそのくらいまで続きます。

それ以外の例としては、欧州におけるイースター祭では春先に数日間の休暇がありますが、この間は米国人も取引を避けようとするため、市場は静かになります。また、シンガポールや香港といった中国系の国では、旧正月の時期に休暇に入るため市場もクローズします。このような、海外の休暇時期と連動する形で、東京の市場も静かになるという点は押さえておきましょう。以上「ジパングバイナリー | 海外人気業者ランキング」から引っ張ってきた情報です。